top>バーチャル班


‖バーチャル班

仮想環境はさまざまな可能性を秘めた環境です。現実の世界では不可能な事象が、仮想環境を利用することで容易に表現することが可能になります。そこで我々は、こうした仮想環境の特徴を生かし、実世界における事象に応用していくことをコンセプトに研究を行っています。

現在は,「仮想環境を利用した物体認識」というテーマで研究を行っています。


環境認識グループ


研究内容

タイトル 発表者 発表学会 発表年
ロボットによる自動片付け作業の実現 鍋島哲,村松悠太,高橋佑典,相馬宏之
加藤清敬
情報処理学会第69回全国大会講演論文集 Vol.2,pp457-458 (2007.3.6) 2007
Object Recognition using Simultaneous Pattern-Matching in Virtual Environment Yusuke Takahashi, Yuta Muramatsu, K.Kato SICE-ICCAS International Joint Conference 2006
pp.5579-5583(2006.10.21)
2006
Object Recognition by Virtual Learning using Computer Graphics Yuta Muramatsu, Satoshi Tateishi, Yusuke Takahashi,
K.Kato
2006 International Symposium on Flexible Automation
pp.793-799 (2006.07.11)
2006
仮想環境を利用したウェーブレットによる物体認識 〜ロボットへの搭載〜 村松悠太,立石怜志,佐藤英徳,加藤清敬 第67回情報処理学会講演論文集,p57-58 2005
仮想環境を利用したウェーブレットによる物体認識 立石怜志,佐藤英徳,加藤清敬 映像情報インダストリアル12月号, p49-54 2004
仮想環境を利用したウェーブレットによる物体認識 〜材質パラメータの考慮による認識率の向上〜 立石怜志,佐藤英徳,加藤清敬 第22回日本ロボット学会学術講演会 2004
モーフィングを用いたロボットの物体認識 佐藤英徳,加藤清敬 第46 回自動制御連合
講演会講演概要集,p.25,2003.
2003
仮想環境での知識蓄積による電気機械の異常検出システム 河野洋一, 加藤清敬 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会講演論文集p497-500 2002
仮想学習によるロボットの物体認識 石田秀晴,加藤清敬 第19回日本ロボット学会学術講演会 2001